鍼灸治療とは

●氣を調える

東洋医学には「気」と言う考え方があります。

これは目には見えないのですが、生きていくため、体を動かすため、考えるための「エネルギー」が私たちの体の中には流れている、と言う考え方です。

この「気」の量が足りなくなってしまったり、流れが悪くなってしまうと体がスムーズに動けなくなってしまいます。例えば、肩の気の流れが悪くなれば「肩こり」になりますし、腰なら「腰痛」になります。消化器の気の流れが悪くなれば「食欲不振」や「腹痛」、「便秘、下痢」と言った症状になってしまいます。

このとっても大事な「気の量」と「気の流れ」を整えるために、「鍼と灸」を使って体に回復するための優しい刺激を入れて、回復に導いていきます。

●動きを調える

また、筋肉の動き、繋がりを改善すると言う事もしています。

体がスムーズに痛み無く動くためには1つの筋肉が動くだけではなく、沢山の筋肉が繋がって、連動する必要があります。

しかし、長年の癖や緊張、怪我などでその連動が上手くいかなくなってしまうことで、無理に動かすようになってしまって痛みやコリの原因となってしまっている事があります。

​筋肉の緊張を鍼で緩め、連動をもう一度体に思い出せることも体の痛みやコリを無くすために大事な治療となります。

「未病を治す」

東洋医学は「未病を治す」ということをとても得意としている医学です。
「未病」という考え方は、まだ病気ではないけれども、健康でもない。はっきりとした症状は無いけど、体にはそのサインは現れてきている「病気になりつつある状態」のことで、気や血液の量や流れに少し問題がある
半健康な状態のことを言います。


「未病を治す」とは、出来るだけ早く体からの小さなサインに気付いて、気を整え、体の働きを元に戻して、大きな症状にならないように予防する、と言うことです。

私たちは、季節、食べ物、労働、社会環境、ストレスなどいろいろな物から影響を受けながら生活をしているので、気が付かないうちに、がんばり過ぎたり、緊張したり、疲れてしまっていることがあります。

体調を崩さないで元気に生活が出来るように、病気になる前に「未病を治す」と言う事を意識して頂ければと思います。

当院の治療方法

鍼灸、特に鍼にはいろいろな治療方法があります。

当院では症状に合わせて、治療方法を選んで治療をしているのですが、ぎっくり腰、と言う症状名でも原因が違えば効率の良い治療方法は変わってきます。

例えば、転んだり、動き過ぎて筋肉が強く緊張して痛みがあるような時には、動きを調えるような鍼を、強いストレスや食事の乱れが体を内側から硬く緊張させてしまっている時には、緊張を緩めるような鍼の方法を選んでいます。

治療前に、どういう方法で治療をしていくのかは説明させて頂いていますので、鍼が苦手な方は別の方法で治療をしますので、どうぞ安心してご来院ください。

​どんな方法があるのか、一部を下に書いておきましたので参考にして頂ければと思います。

井穴刺絡(せいけつしらく)

指先の爪の際にある井穴と呼ばれるツボに鍼をして、ちょっと血を出すことで気と血の巡りを調え、自律神経の働きを調整する方法です。

肩こりや腰痛などの筋肉の緊張や、胃痛、胸焼け、呼吸が浅いなどの内臓器の症状、アトピーや鼻炎などのアレルギー症状のある方に使っています。

吸い玉(カッピング)

真空にしたガラスのカップをツボに吸い付けることで、血が吸い寄せられることで血行を良くして、内臓器の働きに刺激を入れます。

内臓器の不調や、肩や腰などのコリ、体が重だるい時など、スッキリしたい時に使っています。

YNSA(山元式新頭鍼療法)

頭にあるツボに鍼をすることで、全身の働きを調整する方法です。

宮崎県の医師、山元先生が独自に開発した方法です。

ACU ZONE THERAPY(アキュゾーンセラピー)

アメリカで鍼灸師をされている中野先生が開発した鍼灸の治療方法です。

整動鍼(せいどうしん)

古武術整体(活法)の理論をベースにした鍼です。

​筋肉の連動性を調え、体が無理なく動けるように調えるような鍼で、動いた時の痛みを調えるのにとても有効な方法です。

びわの葉温灸

枇杷エキスを遠赤外線の熱と一緒に体の表面から染み込ませるように、暖めていく体の冷えが気になる方におすすめの方法です。

当院では、さらに体が暖まって、ゆるむように、お灸と併用しています。

ガンの患者様へのお手当にも使っています。

キネシオテーピング

筋肉の上にテープを貼ることで、筋肉の働きを助けて負担を減らし、痛みを和らげ、回復を早める方法です。

意外と知られていない鍼灸の適応症

鍼灸治療は東洋医学としてだけではなく、西洋医学からもその治療効果が認められています。知っている方は少ないと思いますが、WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、下記の病気があります。

 

運動器系疾患と言うと、整形外科を真っ先に思い浮かべる方が多いと思いますが、実は鍼灸の得意分野でもあります。

​特に当院も取り入れている整動鍼が最も得意とする分野ですので、気になる症状がある方はまずはお気軽にご相談ください。

【神経系疾患】
・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
・関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
・心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
・気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
・胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
・バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
・更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
・中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
・眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
・小児神経症(夜泣き、かんむし、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。
急な症状の時に当日でも予約の取りやすいように【救急枠】と言う治療コースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

火・水曜は電話に出ることができません。

治療中で電話に出られない時には、「お名前」「連絡先」を留守番電話に入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。