ココロとカラダに優しい土用の過ごし方

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前18日間の事で、季節と季節の間の変化の時期です。夏の土用の「丑の日」はよく知られていますが、土用は全ての季節にあります。
土用の養生法は、各季節の養生法と同じですが、変化の時期なので体調も変化し崩しやすいので気をつけましょう。
 

 

土用の食べ物

食事は各季節の物を取りましょう。
消化器の働きに負担がかかりやすい季節なので、季節の変わり目は「食べ過ぎない」と「消化しやすい物」を意識しましょう。

土用のマクロビオティック

 

土用の食事も基本的には各季節と同じです。
土用は変化の季節で体調を崩しやすいので、「中庸」の物を取って体のバランスに気をつけましょう。

五行説で考えると土用の五味は「甘味」です。
「甘味」には、体の気や血を多くして体を潤し、心と体を緩める。という働きがあります。疲れた時やストレスを感じた時、考え過ぎで頭の中を整理したい時などには「甘味」のものが効果的です。

ただし、この「甘味」は穀物の甘味の事を言います。なので、砂糖などの甘さが強い物は体への負担が大きいので、摂り過ぎないように注意が必要です。
●ココロとカラダを緩めるために「甘味」を取りましょう。

●「甘味」の働きを助けるために合わせて「苦味」を取りましょう。
●バランスを取るために 「甘味」と一緒に「塩味」を取りましょう。

体に良い物でも食べ過ぎては意味が無いので、「腹八分目」と、消化器の負担を減らすために「良く噛む」ことを意識してくださいね。

土用の丑の日のウナギ

暑さと湿気で体がバテて来るので、精のある物を食べて乗り切ろう!と言うのが、一般的に言われている「土用の丑の日」ですよね。

ウナギは脂も多く、確かに精が付くかも知れませんが、ちょっと重たいと感じる人もいらっしゃると思います。

土用の過ごし方のポイントは、「消化器に優しくする」です。お腹が元気で丈夫な方なら良いかも知れませんが、そこまで自分の消化器の強さに自信の無い方は、ウナギではなく、もっとさっぱりとしていて、消化器の働きを助けてくれる物の方が良いかも知れませんね。

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。
急な症状の時に当日でも予約の取りやすいように【救急枠】と言う治療コースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

火・水曜は電話に出ることができません。

治療中で電話に出られない時には、「お名前」「連絡先」を留守番電話に入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。