2017年10月4日

秋のダイエット

2件のコメント

ストレスによる過食のため体重が増加しダイエットを行おうと考えています。

食事制限と運動によるダイエットを行う予定ですが

現状、疲れやすく気が足りていないように感じます。

秋の季節は動きすぎも良くないとのことですし

どのような事に注意してダイエットを行うべきか

ご相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。

2017年10月7日編集済み:2017年10月7日

風の音治療院の安部です。

先日は参加して頂いてありがとうございました。

 

ダイエットの基本は、緩めることです。

今はストレスで緊張した心と体を緩めるためにたくさん食べてしまっている、と言う状態です。

今の緊張した状態のまま運動したり、がんばって食事制限をしても根本の緊張が緩まないので、思ったように痩せないと思いますし、下手したらもっと食べてしまうと思います。

 

なので、

まずは緩めることを考えてください。

今までより少しでも緩んできたら、自然と食べたい欲求は減って、勝手に体重は落ちてくれますし、緩むことで体がちゃんと動けるようになるので、気も増えてきて、体を動かしたいと言う欲求も出てきます。

 

緩める方法は先日の講座の中でも話したようにいろいろありますが、まずはお腹を暖めることです。

それと、ゆっくり呼吸する時間を作ってあげてください。

ストレスが溜まっていると言う事なので、呼吸で発散する時間を意識して頂けると良いかと思います。

 

食事で言えば、今までより少しでも優しくなれば良いです。

砂糖、小麦、カフェイン、アルコール、添加物、これらの物を今までより少しでも減らしてみてください。

食べない!ではなくて、少しでも食べる量、機会が減れば十分です。

食べた時には、その後の食事に気を付けるか、お腹を暖めてあげてください。

 

まずは無理なく出来る所から。

 

頑張らない、と言うのが生活改善のポイントです。

 

これだけでも痩せると思いますので、慌てずに体の変化をゆっくりと待っていてください。

で、元気が増えたら自然と体を動かしたくなるので、そうしたら体を動かすようすると、もっと体は締まってくれると思います。

 

 

 

2017年10月8日

アドバイスありがとうございます

とにかく温めることが大切なんですね!

温めて呼吸を意識して頑張らずに生活していきたいと思います。

ありがとうございました。

最新記事
  • 12/15の「氣を調えるWS」わかりやすかったです。 他の講座でも「氣」の話題は何度も出てきていましたが、 今回の講座で具体例などもあげて説明していただきだいぶ理解が進みました。 講座の中で氣は生まれ持ったタイプ(氣をあげる人/もらう人)があるとのことでしたが、体質の陰性/陽性と関連はありますでしょうか??
  • こんにちは。たぬきです。 以前東洋医学の講座で、五臓六腑の時間割についてお話を伺いましたが、 この時間割というのは、臓器が「集中して働く時間」なのでしょうか、 それとも「お休みする時間」なのでしょうか。 調べてみましたがどちらとも受け取れるような記述が多く、混乱しています。 例えば肝臓は午前1時〜3時ですよね。 ・集中して働く→その時間に肝臓の解毒作用が高まる ととらえるのか、 ・その時間に肝臓がしっかりとお休みすることで、肝臓本来の解毒作用が高まる ととらえるのか、どちらなのでしょうか。 私は受講時は後者と受け止めていたのですが、間違っていないでしょうか。 教えてください。
  • 講座で秋になると鼻水が出る人の中に、鼻水の色 透明 黄色 乾く とあったのですが鼻水の症状別に何か合う食べ物がありますか? あと、昨日の講座と関係あるか分からないですが、出産してから生理の1週間前から少しダラダラと血が出るようになり、終わってからも何日か出るとゆうのが続いていて、布ナプキンに変えると良いと聞き変えて3カ月位でダラダラが少しなくなったのですが、9月は生理の10日前からダラダラ出始めました。 昨日の講座で呼吸器がきちんと機能してないと、体が冷えて生理痛に関係あるのかなと思いました。 生理痛や産後の不順に、悩んでいます。

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

ご予約・お問合せ
  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。

 

急な症状の時に当日でも予約の取りやすいように【救急枠】と言う治療コースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

011-616-1133

火・水曜は電話に出ることができません。

治療中で電話に出られない時には、「お名前」「連絡先」を留守番電話に入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。