2017年12月16日

お通じのこと

2件のコメント

毎朝、ヨーグルトを食べていましたが、先日の講座で陰性の食品と聞いて食べるのを止めました。

 

2週間位前から、おにぎり(塩味のみか梅干いり)と味噌汁または白湯に変えました。

それからなのですが、毎日あったお通じが、2日に一回しか出なくなりました。

お腹の不快感や張ってる感じはありません。

体調は変わらないですし、お腹を湯タンポなどで暖めていますが、やはり一日おきにしか出ません。

 

お通じは、やはり毎日の方がいいのか、どうでしょうか?

2017年12月16日

こんにちは。

風の音治療院の安部です。

 

お通じは、ほぼ毎日あることが体が元気に動いてくれている証拠、と思って頂いて良いと思います。

 

ヨーグルトを摂っていて毎日出ていたと言うことは、陽性に傾いてしまっていた体が、ヨーグルトの陰性さで便が出やすい状態(その人の中庸)に近付いていた、と考えます。

なので、ヨーグルトは陰性だから良くない、とは考えないでくださいね。

上手く使えば便通を調えることが出来ます。

 

で、ヨーグルトを摂らなくなったら便が出にくくなったと言う事は、体が陽性に傾いたままになっていると言う事なので、ちょっと生活を振り返ってみて頂いても良いでしょうか?

体が陽性に傾いてしまうようなことが日常に多くないでしょうか?

 

例えば、

  • ストレスが多い。

  • 時間に追われている。(やることが多い。)

  • 動物性食品をよく食べている。

  • 味付けが濃い物をよく食べている。

などで体は陽性に傾いてしまうのですが、いかがでしょうか?

 

もし当てはまるものがあれば、食べ物で調えるだけでなく、暖めたり、動かしたりして体の緊張を緩めてあげると、今の食生活でも便通が良くなってきてくれると思います。

 

今、食事に気を付けて、暖めるようにして頂けているので、このままでも少しずつ体は緩んで、体は調っていってくれると思いますので、もう少しこのまま様子を見て頂いても良いかなと思います。

 

なかなか変化が無かったり、何か変化がありましたら、また教えて頂けますか。

どうぞ宜しくお願い致します。

2017年12月16日

とても分かりやすく教えて頂きありがとうございます。

 

もう少し様子を見ようと思います。

最新記事
  • こんにちは。 いつも分かりやすく、楽しい講座をありがとうございます。 講座を受けてから、体の声を意識するようになり、私の体では蓄膿症と歯の知覚過敏症がでやすいことに気がつきました。そのことについて教えてください。 蓄膿症の症状   鼻の中に化膿している臭いを感じます。鼻をかむと緑の鼻汁が出ます。   ナッツを食べると翌日に血が混ざった鼻汁が出るので、ナッツを食べるのは控えています。 知覚過敏症の症状   歯磨きをするときに、上奥歯の外側が痛くて磨けなくなります。糖度の高い食べ物(トマトなど)がしみることがあります。 蓄膿症の症状は、ナッツを食べたときの反応から予想して、油の取りすぎと関係していると思い、普段の食事で油物はあまり食べないようにしています。 知覚過敏の症状は、甘いものを食べるとでるので、甘いものを食べすぎないようにしていますが、食べずに過ごせる日と、緩むために食べる日が半分ずつくらいです。 油、甘いものを食べた後にこれらの症状がでるのは、分かるのですが、油、甘いものを控えた生活ができて、心と体が元気に動く時期でも、これらの症状がでるときがあります。その場合は、食事以外の生活に原因があるのでしょうか? また、これらの症状がでたときは、どのような対処をするとよいでしょうか?
  • 昨日から口を開けるときに右顎に痛みがあります。 耳の横あたりです。ごはんは食べれる程度あきますし、噛むこともできますが、大きく開けることができません。 顎関節症というものかもしれませんが、何か自分でケアできること、気をつけることがあれば教えてください。
  • 先生、さきです! ここ数日、23時ごろには寝るように心がけているのですが、どうしても夜中に起きてしまいます。それも、体が「ぼーー」っとする感覚で、なんだかいづくて…起きてしまう感じです。 寝るときは考えごととかも特にないし、いまはそこまで困ってることもありません!なのになぜでしょう…… よろしくお願いします( ; ; )

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

ご予約・お問合せ
  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。

 

急な症状の時に当日でも予約の取りやすいように【救急枠】と言う治療コースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

011-616-1133

火・水曜は電話に出ることができません。

治療中で電話に出られない時には、「お名前」「連絡先」を留守番電話に入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。