難聴の鍼灸治療結果


小さい時に何度も中耳炎になり左耳の聴力が弱い70代女性の患者さんの治療報告です。 主訴は別の痛みの治療でしたが、合わせて治療をしていく事にしました。 日常生活では、ご主人の声が聞こえにくい、テレビの音量を大きくしないと よく聞こえないなど不便さを感じていたそうですが、 ずっと昔からの事なのと、病院でも補聴器以外方法が無いと言われていたので ご本人はあきらめていたそうです。 治療内容は、筋膜リリースと鍼です。 鍼で気の流れを整えて、筋膜リリースで頭、とくに耳を狙って緩めていきました。 週一回のペースで治療開始から1ヶ月半後、 「今までは左耳に綿棒が入らなかったのが、入るようになったんです!びっくりしました。 あと、テレビの音量も小さくても聞こえるようになってきていて、耳良くなったんでしょうか?」 と、患者さんから報告がありました。 なかなか自分の身体の感覚の変化と言うのは分かりにくいものですが、 テレビの音量の数字の変化なので良くなったんだと思います。 その後、ご主人からも耳良くなったんじゃないか?と言われたそうです。 両耳の聴力が完全にそろったと言うわけではないのですが、 日常生活での不便さも減り、主訴の痛みの治療も終わったので卒業されました。 気の流れの調整と頭部の緊張を取る。 感覚器の調整にはこの二つが大事なんだと、再認識した治療例でした。

#卒業生 #難聴

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。