子供に優しい生活勉強会~食事


4月22日(金)10:00~「子供に優しい生活勉強会~食事」を開催します。

元気になるためにいろんな方法がありますが、やっぱり基本として大切なのが「食事」です。

その食事もいろんな考え方があって、本屋さんに行けば沢山の種類の本が出ているので、正直迷うと思うんです。

今回お話しする食事の話は、そんな沢山ある食事の考え方の中の1つ、マクロビオティックの話です。

マクロビオティックは東洋医学の陰陽をベースにした、自分のココロとカラダのバランスを調えるための生活方法です。

そして、コレがとっても便利なんです。

沢山ある食事方法のどれが今の自分に合っているのか判断出来るようになりますし、今の状態に合わせてバランスを調えるような食事を考える事ができるようになります。

ぜひ、みなさん自身のために、お子さんやご家族のために知っておいてほしいなと思います。

玄米にしたり、野菜中心にしたり、家族の体を思ってがんばって食事を変えたのに、家族から不評で…

って悩んでる方、意外と多いんです。

治療や講座の時によく相談されるんですが、そんなにがんばらなくて良いんです。

いきなり大好きなパンや肉料理を食べさせてもらえなくなったら、それは不満ですよね?

なので、何かを制限する方法ではなくて、どうやって体のバランスを取るのか?その方法を知って欲しいと思います。

もし、お肉を沢山食べる事が心配なら、お肉の負担が減るような料理を出してしまえば良いんです。

相手が気付くから不満を感じるので、気付かれないように、こっそりと優しい料理に変えてしまえば良いんです。コレは料理をしている人の特権です。

そのためのコツがあるんです。

家族に料理をしている人には、ぜひ知っておいてほしい。

相手の様子をこっそりと観察して、こっそり料理を調整する。

そして、相手の体調が調っていく変化をニヤリと楽しむ…

そのための基本となる方法、コツをお伝えします。

ぜひぜひ皆さんと家族が元気になれて、皆さんの負担やストレスが減るように、食事の基本を知っておいて頂きたいなと思います。

元気になりたい方、もっと楽になりたい方、ニヤリと楽しみたい方。

ぜひぜひご参加ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

【日時】  4月22日(金)10:00~11:00 【場所】  風の音治療院 <地図> 【料金】  ¥2.000-   *おじいちゃんおばあちゃんは¥1.500- 【講師】  安部雅道(風の音治療院院長)<プロフィール> 【参加資格】  子供と孫に元気に育って欲しい人。  *子育てしていない方もご参加頂けます。  *お子様も一緒に参加して頂けます。   ただ、お子様が大きな声や音を出して他の方が受講し難い時は一時的に部屋の外に出て   頂くようお願いする事がありますので、私の指示に従って頂ける事が条件となります。 【申込、問合せ】 kazenone2009@gmail.com *メールでお申し込みの場合、必ず件名に「4/22 食事」とご記入下さい。 *本文の中に必ず・お名前・ご連絡先をご記入下さい。 *お子様と一緒に参加される方はその旨ご記入ください。 *お申込みのメールを頂きましてからお返事を差し上げるまでに、3,4日お時間を頂く場合がございますが、ご了承ください。 それを過ぎても連絡が無い場合は、メールが届いていない可能性もございますので、お手数ですが再度ご連絡を頂きますようお願いいたします。

#講座 #子供に優しい生活勉強会 #お知らせ #東洋医学 #マクロビオティック

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。