④春が大事


冬の内臓器である腎臓の働きと生活のポイントを知って頂きましたが、もう1つ今回の記事のタイトルになっている大事なポイントがあります。

それが、春の過ごし方です。

またちょっと五行の話になるのですが、季節毎に中心になって働いてくれる内臓器がありましたよね?

がんばって働いてくれて、次の季節が来たらその季節の内臓器に仕事を引き継ぐわけです。

もちろん、各内臓器の基本の仕事は変わらず1年中あるのですが、繁忙期が終わって通常の仕事量に戻るんです。

これを毎年繰り返しています。

季節は1日に置き換えることも出来るので、毎日1日の中でも繰り返しています。

(朝=春、昼=夏、夕方=秋、夜=冬)

で、腎臓に優しくない生活をしてしまった方。

冬の間にぐったり疲れさせてしまった腎臓にしっかりと回復してもらう事が大切ですよね。

冬担当の腎臓にとって春夏秋は通常営業の季節なのですが、この3つの季節の中に腎臓が一番回復出来る休みやすい季節と言うのがあるんです。

なので、その季節を上手に過ごすと、しっかりと回復する事が出来ます。

1番回復出来る季節は、担当する季節の次の季節です。

この時期が休憩して、回復するための季節となります。

腎臓にとって、「春」と言う事です。

冬の間に腎臓に沢山負担をかけてしまった方。

一年中、腎臓に負担をかけてしまってる方。

慢性的な腰痛を持っている、耳の調子が悪い、根気が無い、膝が痛い、物忘れがひどい、すぐに不安になる…

これらは腎臓が疲れているサインです。

そして、生理痛やPMSなど生殖器に気になる症状がある方。

妊娠したいけど、なかなか妊娠出来なくて悩んでいる方。

これも腎臓が弱っているサインです。

これらのサインを受け取ってしまっている方、お願いします、腎臓に優しい生活をしてください。

しっかりと回復する時間を作ってあげてください。

この春を、自分の体に優しく過ごしてください。

簡単に出来る事は沢山ありますからね。

・早く寝る事。

・お腹と腰を暖める事。

・軽く運動をして、体を動かす事(ヨガ、ウォーキングなど)

毎日じゃなくても良いんです。

今までより、少しでも自分に優しくしてあげてください。

そして、今まで好きなだけ飲んで食べていたのなら、ちょっと食生活も見直してみて下さい。

甘い物、減らしてみましょうね。

コーヒー、アルコール、飲むことが習慣になっているだけじゃないですか?

パンはお米に変えてみましょうか。

味噌汁も飲みましょうか。

食生活も出来そうなところを見つけて、ちょっと意識してみて下さい。

いきなり全部を変えようとしないで、出来る所からちょっとずつやっていってください。

だんだん変えられる所が増えて来て、優しい生活に変わっていくので、ゆっくりやってくださいね。

婦人科の症状に悩んでいる方。妊娠力を高めたいと思っている方。

まずは生活を振り返ってみて下さい。

自分の体に優しくしていましたか?

どんな治療を受けるにしても、その治療の効果を高めるために、まずは自分の生活を調えて、内臓に優しくしてあげてくださいね。

春は新しい事を始めるスタートの季節です。

この春から、ぜひ自分に優しい生活を始めてみてください。

体は季節毎に変わっていきます。

暑い夏が来るのを楽しみに、優しく生活をして頂きたいと思います。

①生殖器と内臓器の関係の話

②五行の話

③腎臓の話

④春が大事

#生理が楽になる勉強会 #東洋医学 #マクロビオティック #生理痛

59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示