さすらいの鍼灸旅行記 ~春編③~ 治療家向けの講座


名護で講座と治療をした後、2日ほど自由な時間を満喫してから、名護を離れて那覇で講座を開きました。

今回はじめて治療院に頼まれて、治療家向けの講座を開いてきました。

来院して頂いている患者さんの体の新しい見方として、今以上に改善のためのアドバイスをするために、リクエストを受けて開いたのが「料理が出来なくたって出来る優しいマクロ生活」です。

今回は治療家のみなさんが普段の治療の中に取り入れやすいように、実際の症状と食事の関係の見方や、問診のすすめ方など、僕の経験も混ぜたちょっと治療家用にアレンジした内容でお伝えしました。

ふだん東洋医学を治療に使わない柔道整復師も参加されていたので、「う~ん??」と思う人もいたと思いますが、実際の患者さんの症状を見て食生活の話を意識して聞いてみると、きっと納得してもらえると思います。

本当は実際に患者さんに来ていただいて、皆さんにデモとして問診をお見せできるともっと分かりやすいと思うんですけどね。

この辺は、今後治療院さんで講座を開く時の修正点かな、と思いました。

肩がこるにも、腰が痛くなるにも、食事は大きく影響を与えています。

今ある症状の原因が体の使い方だけ、と言う事の方が少ないと思います。

ぜひぜひ食事と体の繋がりを診ることが出来て、患者さんに自分自身で改善するための生活のアドバイスが出来る治療家が増えて欲しいなと思います。

ちなみにこの治療院。僕が東京の鍼灸の学校に通っていた時の同級生の治療院です。

千葉から沖縄に移住して開業している同級生の治療院に、札幌に移住した僕が沖縄に行って講座を開く。

なんだか懐かしいんだけど不思議な感じがする講座でした…


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示