生活を調えたら、顔はビックリするくらい変わるんです。


みなさんは、生活を調えることで「自分の顔」が変わると思いますか?

過去の写真を見て、あまりの違いに自分でビックリすることがあるなんて思いますか?

生活を調えると、顔は変わるんです。

僕は今朝、すっごいビックリしました。。。

あまりにも衝撃を受けたので、ものすごく恥ずかしいのですが、きっと僕の恥ずかしさ以上に皆さんに勇気希望をお届けすることが出来るのではないかと思って、この記事を書くことにしました。

今、治療や講座に来てくださっている皆さんとは、僕が生活を調えてからお会いした方ばかりだと思います。

お酒を飲むと言ったら驚かれたこともありますし、カフェで会ったら見てはいけない内緒の姿を見てしまったと気を使われたこともあります。

きっと僕のことを、ずっと生活を調えている人、と思っている方も沢山いらっしゃると思います。

「仙人みたい…」なんて言われることも多々あります…

昔の僕は、もうひどいもんです。。。

自分でも、あんな生活でよく生きてたな、って思います。

物心付いた時には、僕は「肉食」でした。

朝昼晩、3食肉食でした。肉が無いとキレる子供でした…

甘い物とパンは嫌いだったのですが、とにかく肉と米が好きで、焼き肉のタレがかかってるとご機嫌でした。

学生時代は、ポカリ大好きでした。コーラだってよく飲んでたし、マックのバリューセットも毎週のように食べてました。

お酒を覚えてからは、まぁよく飲んでました。

強かったみたいで、よく朝まで飲んでました。

もちろん肉好きなので、焼き鳥、焼き肉、唐揚げ、の肉料理ベスト3をつまみにビールを飲むのが最高に幸せでした。

一日三食肉を食べ、週に3~4回は飲みに行き、〆に牛丼やラーメンを食べ、疲れたら栄養ドリンクを飲み、お金が無くなればカップラーメンでしのぐ…

そんな生活です。

ちょっと良かったことは、月に2~3回フットサルをやって走り回ってました。

ただ、汗をかいた後の楽しみが、ビールでした。

昼過ぎから飲んでました…

ちなみに、当時の僕はすごく怒りっぽかったんです。いつもイライラしてました。

絶対仲良くなりたくないタイプの人間です。

よく東京の友人は、そんな僕と付き合ってくれてたなと思います。只々反省と感謝です…

当時は普通だと思っていたこの酷い生活は、鍼灸の学校に行っている時(20代後半)も当然続いていました。

ただ、この頃から体の不調を強く感じていました。

なんと言ってもダルいんです。一日中眠くて眠くてしょうがなかったんです。

ずっと鼻も詰まってました。

どんなに好きな授業でも、最後まで起きて聞いていることが出来なくて、自分の頭(脳みそ)は何かおかしいんじゃないか?って思ってました。

当然、毎朝目覚めは最悪です。7時だって超早起きだと思ってました。

そして、季節毎に風邪をひいてました。

で、今朝、この最悪の生活をして、最悪の体調の時の僕の写真がひょっこり出てきてしまったんです…

はい。コレです。

我ながら酷い。酷過ぎる。。。

厚ぼったい瞼…

膨らんだ鼻…

腫れた唇…

淀んだ目…

ちなみに、今はこんな感じです。

人は、生活を調えると変わるんです。

顔なんて簡単に変わるんです。

確かに体重も10kg位落ちてますが、痩せただけじゃないんです。

そして、体調も変わります。

ダルさなんて無くなります。

鼻も詰まってません。

7時までなんて寝てられません。

風邪もほとんど引かなくなりました。

あんまりイライラしなくなりました。

みなさん、少しは自信を持って頂けたでしょうか?

変わることは出来るんだ!と希望を持って頂けたでしょうか?

みなさんのために、そして、もうあんな生活、自分には戻らないと言う強い思いも込めて書いてみました…

もし少しでも、皆さんに自信や希望を持って頂けたら、過去の僕も報われます…


186回の閲覧

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。