生理チェック サンプル⑤:氣が足りなくて冷えている


甘い物、果物、カフェイン、アルコール、小麦が好きな方。

生理痛が締め付けられるように痛かったり、チクチク痛かったりしていませんか?

体に冷えを感じたり、生理の後半にダルさや元気の無さを感じたりしていませんか?

もし自分に当てはまるな、と思ったら、体の氣が足りなくなって冷えてしまっているようです。

もうちょっと細かく言うと、氣が足りなくなって体を温める力が弱くなってしまって、すごく体が冷えてしまっています。冷えて体の働きが落ちてしまっていることで、体の中の水の巡りも悪くなって停滞してしまっていますし、血の巡りも悪くなってしまっています。

アプリを使うと、下記のようなアドバイスをされるので、ちょっと参考にして、生活を意識してみてくださいね。

今の体は、「氣の巡りが悪い状態」になっています。

氣は私たちの体が活動するためのエネルギーなのですが、体を暖める、と言う働きも持っています。

その氣が足りなくなってしまっているせいで、しっかりと体を暖めることが出来なくなって、冷えてしまっています。

また、血や水を巡らせると言う働きも持っているのですが、氣が足りなくなっているせいで、体の中の血や水の巡りも悪くなってしまっています。

血の巡りが悪くなって停滞してしまうと、汚れた血が体の中に残りやすくなって、顔色の悪さや肌荒れなどの原因となってしまいます。

水分の巡りが悪くなって体の中に溜まってしまうと、むくんでしまって体の働きが悪くなってしまいますし、その水が冷えてしまって、体を芯から冷やしてしまっています。

【原因】

氣が足りなくなってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、動き過ぎや考え過ぎなど、氣を使い過ぎて消耗して足りなくなってしまっている事。

もう一つは、ちゃんと氣の補給が出来ていない事です。

動き過ぎて疲れていないか、食生活は乱れていないか、ちゃんと睡眠を取っているか、ちょっと生活を振り返ってみてください。

甘い物を食べると、消化器の働きは低下して、「氣」や「血液」を作り出す力が弱くなります。

氣が足りなくなると、体を温めることが出来なくて、冷えてしまいます。

また、甘い物は体に水を溜めこむと言う性質も持っているので、体に要らない水が溜まりやすくなってしまいます。

氣が足りなくなっているので、甘い物がちょっと多いかもしれません。

甘い物、カフェイン、小麦粉、果物を取る頻度が多いので、ちょっと心と体が緊張してしまっているようです。

これらの物は「緊張を緩める」と言う作用があるのですが、氣を漏らして、体の熱が漏れて冷えてしまうと言うマイナスの影響もあるので、何日も続けて食べたり、沢山食べている方は注意が必要です。

【対策】

氣が足りなくなってしまっている事が根本の原因なので、氣の量が増えてくれれば体も暖かくなって、生理は調っていくと思います。

氣を消耗し過ぎていないか、やり過ぎている事を見つけて、減らしてみて下さい。

また、食事と睡眠が乱れていたら調えましょう。

特に、体の熱を冷ましてしまう甘い物果物カフェインアルコール小麦を良く食べている人は、少し減らした方が体は暖まりやすくなります。

氣が足りない人は、ついつい甘い物や小麦、アルコールを美味しく感じて、食べたくなるのですが、お腹の働きが悪くなるので、今までよりもちょっと量を減らしてみ下さい。

「もう食べない!」と止める必要はありません。ちょっとで良いので減らしてみて下さい。

氣が足りない、血が停滞している人は、睡眠が大切です。理想は22時頃に寝る事ですが、遅くても24時までには布団に入るようにしましょう。出来れば1週間の中で何日かは早く寝てしっかりと回復する日を作ることが出来ると、じょうずに回復出来ます。

お腹を暖めて、体の働き、特にお腹の働きを助けてあげてください。暖める事は、熱と言う「氣」を補うと言う事でもあります。その時には出来るだけ自然な熱を体に入れてあげてください。お勧めは「お灸」「湯たんぽ」「コンニャク湿布」です。

補足:血をキレイにする方法 ・22~23時には寝る。 ・食べ過ぎない。(特に夜。寝る3~4時間前までに食事を終わらせる) ・極陰性、極陽性を減らす。 ・脂っこい物を減らす。(野菜、果物、酢の物で油のマイナス面を減らしても良い。) ・肝臓の働きを助ける事をする。(歩く、体操・ヨガ、暖める)

補足:体に溜まった水を流し出す方法

・体を動かして水の流れを良くする。(気が足りない人は無理しない事。)

・糖分を控え目にして、水が溜まりにくい体にすること。(甘い物、果物、アルコール)

・水分を摂り過ぎない。(喉が渇いたら飲むように) 

・塩分を摂る。

・極陰性、極陽性の物を控える。

・水を流す性質の物を食べる。(はと麦、とうもろこし、小豆、大豆、黒豆、など)

補足:体の冷えを減らす方法

・元気が無い、疲れやすい人は、気が足りない事が根本にあるので、気を増やすことが基本。

・元気があるけど冷えている人は、緊張して体が固まって巡りが悪くなっているので、緩め巡らせる事が基本。

・体をしっかりと暖める。

・今までの食事に陰性の物が多ければ、陰性の物を減らす。(砂糖、果物、乳製品、カフェイン、アルコール、小麦粉など)

・むくみがある人は、体を動かして水の流れを良くする。 糖分を控え目にして、水が溜まりにくい体にすること。

「生理と仲良くなるアプリ」開発にご協力お願いします

アドバイスの文章をより分かりやすくするために、みなさんからサンプルを集めています。もし、今の自分の状態、原因、対策を知りたいと思って頂けましたら、ご協力お願い致します。

入力方法は専用の入力フォームを用意しましたので、コチラに入力して送ってください。https://ws.formzu.net/fgen/S33289951/​

「生理が楽になる勉強会」に参加された方は、テキストを見てチェックして送ってください。

今年の回から「食事チェック」も始めたので、去年参加された方は食事チェックもお願いします。

参加されていない方は、HPに「生理チェック表」のPDFのデータがあるので、それを見ながらアンケートにお答えください。

「生理チェック表のあるページ」

データを入力して頂いて、結果をお伝えするまで少し時間をください。

必ず結果をお伝えしますので、連絡が来なければ見落としている可能性もありますので、催促のメッセージを送ってください。

どうぞご協力お願い致します。

生理痛やPMSを改善したい、妊娠力を高めたいという方。

まずは生理をチェックして、今の生活の中にある原因を見つけてみてください。

もっと詳しく自分の事を知りたいと思われたり、鍼灸で元気になる手伝いがあった方が良いかなと思われましたら、まずは一度メールにてご相談ください。

#生理チェックサンプル

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。