自分の事⑥ まじめトラップにひっかかる…


生活を調えていると「まじめトラップ」に引っかかることがあります。

今このブログを書いていて作った言葉なんですが、僕も見事に引っかかって、このトラップの存在を知ったし、多くの人が引っかかっていることにも気が付いたので、書いておこうと思います。

生活を調えるようになってから何年か経った時の話です。 食事に気を付けていると調子が良い、と気が付いて、コレを維持するためにちゃんとやらなきゃ!ってちょっと強く思っていた頃です。 それまでは定休日の前日は肉を食べたり、お酒を飲んだり、甘い物を食べたりと、割と自由に欲求に従って生活をしていたのですが、コレも止めたらもっと良くなるんじゃないかって思って、全部止めてみたんです。

で、止めてみても別にストレスもなくて、「良いねぇ。」なんて思いながら調子良く過ごしていました。

それから何か月か経ってから、なんかおかしいことに気が付きました。 なんか元気が無いんです。 仕事が楽しくないし、毎日が楽しくないんです。

世界から色が無くなって、灰色になった感じです。 なんか生活自体に息苦しさも感じてきてました。

コレはなんかおかしいな、と思って生活を振り返ったのですが、食生活の調え方がちょっとストイックになってるくらいで、悪くないって思いました。 でも、それから徐々に元気が無くなって、毎日の楽しさがもっと無くなっていったんです。

理屈で考えたら今の生活は悪くないはず。 だけど、今の自分の状態は何かおかしいから、なにか原因があるはずだ。 今までは何か自分の体に合わないものを食べたことで体に反応が出ていたので、犯人を捜せば解決してきました。 でも、今回は犯人が見つからない… そして、しばらく悩んでから、今までとは逆に考えてみることにしたんです。

ひょっとして何かが足りないんじゃないか?って思ったんです。

ちょっと真面目にやろうとし過ぎて、食事に幅が無い、生活にも考え方にも幅が無くなってるんじゃないかって思ったんです。

と言う事で、試してみることにしました。

元気は無いけどなんとか1週間働いた定休日の前日の夜、その時に食べたいと思ったものを食べてみる事にしました。 その時に頭に浮かんだものが、ラーメンとギョーザとビールだったので、近所の中華料理屋に行ってみました。

昔は良く食べていた黄金コンビ。すっかりご無沙汰していたので、ちょっとドキドキしながら注文して食べてみました…

そうしたら、食べてる途中で急に視野が広がって明るくなったんです。

世界がカラーに戻った感じです。 おぉ、なんだこの感覚は!!って思いました。

で、急に元気になったので、食べながら「なんでかな?」って考えたんです。 あくまでも僕の推理ですが、ちょっと真面目にやろうと思い過ぎて、視野が狭くなっていたんじゃないか?食べる物の幅も狭くなっていたことが、さらに視野を狭くすることを助けてしまっていたんじゃないか?って思いました。それで心と体はうまく緩むことが出来なくて、緊張が強くなって、元気が無くなっていったんじゃないかって思いました。

この日、僕はラーメンとギョーザとビールですっかり元気になって帰る事が出来ました。

ただ、コレは毎日食べれば良いってものでもないと思ったので、普段は今まで通りの生活にして、休みの前の日の夜、もしくは休みの日の昼ごはんはその時に食べたいものを食べる、と言う事にしました。

意外と、僕と同じような状態になる人が多いんです。 真面目な人ほど、このトラップに引っかかります。 食生活を調えたことで元気を感じるようになると、「この生活を続けないといけない!」って思い始めてしまって、いつの間にか体の声を聞かなくなってしまうんです。 そうすると、僕のように変な緊張が体の中に生まれてしまって、ちゃんとまじめにやってるのに何でだろう?ってなって、すごく悩んだり、今までの調えてきた生活を全部止めてしまう人もいます。

(残念なことに、この方法は良くないって否定してしまう人もいます…)

まじめにやって元気な人はその生活で良いんですが、僕らの体は変わっていきます。 その時その時、体に合う物、体が求める物が変わります。 まじめに良いことをしているつもりが、いつの間にか体に合わないことになっていたり、ストレスになってしまっていることがあるんです。

なので、命がかかった症状でなければ、ほどほどからやっていってください。 がんばってやらないでください。 コレは良くないと思って食べないようにしている物でも、途中で食べたいなって思ったら、食べてみてください。 大切なのは食べないようにすることではなくて、食べた後に優しくケアをして元に戻ることです。

僕はもともと患者さんには厳しい食事指導をしないようにしていましたが、この「まじめトラップ」に引っかかってから、いかに緩く調えていくか、を強く意識するようになりました。

まじめな人ほど、元気が無いのにがんばって生活を変えようと氣を消耗してしまって、なかなか元気になれない、と言う事が沢山あります。 まずは「頑張り過ぎる」と言う緊張を緩めて、適当に生活を調える、と言う気持ちで生活出来るようにしていくことが大切だと思います。

みなさんも「まじめトラップ」に引っかからないようにしてくださいね。 なんか最近元気が無いな、つまらないな、って思ったら、引っかかってるかも知れないので、ちょっと緩めてあげてくださいね。


0回の閲覧

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。