自分の事~番外編~つるっつるな肌、割れないかかと


アラフォーの僕ですが、肌がキレイ、とよく褒められるんです。 もともと色が白いので、肌がキレイな感じではあったのですが、最近は本当につるつるです。 と言って、別に何をしているわけでもなく、ただ顔を洗っているくらいです。 なんにも塗ったり付けたりしていないんですが、つるつるもちもちしてます。

酷い生活をしていた時の肌は当然荒れていました。 おでこと眉間はカサカサになって粉を噴いていましたし、かかとは冬になると毎年割れていました。 歳を取るとはこう言う事なんだ、って勝手に思っていましたし、あまりにも眉間の粉が酷い時は化粧水も付けて肌のお手入れをしていた事もあります。

ところが、生活を調え始めてから1~2年経った冬だったと思います。今までならお風呂から上がって、ちょっと時間が経つと粉を噴いていた眉間は粉を噴いてないし、ひび割れてたかかとも全然割れてない事に気が付きました。 意識して触ってみると、今までよりスベスベしていて、なんか肌が元気になったみたいなんです。 その冬は、別に何か特別な化粧水を付けた訳でもなく、普通にしてました。 粉もひび割れにも気が付いてなかったから、なおさら気にせず、全く何にもしてなかったと思います。 それなのに肌はつるつるになっていたので、東洋医学的に考えて、コレはきっと生活が調って血液がキレイになって、ちゃんと肌が栄養されたからだと思いました。

となると、いっぱい疑問が出てきて、試してみたくなるんです。 いつでもこの肌はつるつるなのか?

食べ物の影響はどうなんだ?

なんで今までは荒れていたんだ? ちょっと意識して肌を観察することにしました。

観察を続けてみると、肌は日によってつるつるだったり、カサカサだったり、ボワッとしてたり、いろんな状態があって、かんたんに荒れてしまうし、生活の影響をすごく分かりやすく教えてくれていることが分かりました。

あくまでも僕の場合ですが、

●砂糖と小麦粉を食べると、次の日眉間が粉を噴きます。 ●調子に乗ると、粉噴きエリアが広がっておでこ全体が粉を噴きます。 ●少量ならまだ大丈夫なんですが、それでもつるつる、もちもちではなくなります。ほっぺたがボワッとして、肌のしまりが無くなります。 ●ちょっと粉噴いた位なら3日、おでこまで粉噴くと1週間くらい、元に戻るまでかかります。

●冬の間に、お酒を飲む機会が増えると、かかとにひびが入ってきます。 ●小麦や砂糖が多くてもひび割れてきて、生活が落ち着くと、治ります。

●動物性食品や油が多いと、おでこと鼻から油が浮いてきます。

今までの僕は好きなだけ飲み食いする酷い生活をしていたので、当然肌が荒れていたわけです。

このことに気が付いてから、自分の状態チェックとして肌を見るようになりました。 粉を噴いたら、生活を落ち着かせるようにしています。 そうしたら、人から肌がキレイって言われるようになりました。

30代半ばを過ぎて、おっさんになってきているのに、人からほめられることに「肌キレイですね」っていう言葉が増えました。 自分でも10年前よりつるっつるで、もちもちしていると思います。

女性はお化粧をすることで肌に負担がかかってしまうとは思いますが、何かを肌に塗って良くしようと思う前に、生活を調えて、体の中からキレイにして欲しいなと思います。 体の中が調うと、つるっつる、もっちもちの肌で、むくみの無いシュッとしまった顔になると思います。 年齢は関係ないですからね、言い訳にしないでくださいね。

ちなみに、コレに気付いてから女性の見方が変わりました。 それまではキレイな人を見たら、ただ「キレイな人だなぁ」と見ていたのですが、今では「キレイだけど、惜しいなぁ、生活乱れてるんだ…勿体無い…」って肌を見て何だか残念な気持ちになるようになってしまいました…

ちょっと時間はかかるけど、肌はかんたんにキレイになりますからね。

自分でキレイな肌になれるんですよ。もちろん治療でお手伝いすることも出来ます。

ぜひぜひ自分の肌と生活の関係を観察して頂いて、本来持っている能力(素敵さ)を存分に発揮して頂きたいなと思います。


0回の閲覧

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

定休日の火・水曜日や、治療中には電話に出ることができないので、留守番電話に「お名前」「連絡先」を入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。