気を使い過ぎてしまう人へ ②「氣を意識して生活する」


「氣を意識して生活する」

その基本は、何をするにしても自分の持っている「氣」を使っている事を意識して生活することです。

体を動かすことも、頭を動かすことも、みんな「氣」と言うエネルギーを使っています。

運動したり、仕事をしたり、考え事をしたりすると疲れるのは、それだけ「氣」を消耗して足りなくなったよ、と言う事です。「疲れた…」と思ったら、「氣が減った…」と言う事です。

そうしたら、ちゃんと休んでください。

そして、無理をしないで欲しいんです。

氣が足りない事が普通になってしまっている人に多いのが、自分で決めて頑張れてしまう人です。

何か作業をしていて、今日はココまでやる!と決めて頑張ってやり切ってみたり、ココまでやったら休憩しよう、って決めてみたり…

もうやめましょうね。

氣が足りなくなると、回復するために使う氣も足りなくなります。

ちょっと氣が減って疲れを感じた時に休憩してくれれば、残っている氣で効率良く回復することが出来るのですが、自分の満足のためにゴールを決めて、氣を沢山消耗してから休憩を取っても回復するための氣も足りなくなっているので、効率良く上手に回復出来なくなってしまいます。

「最近、疲れがなかなか抜けなくて…」

って思ったら、回復するための氣も消耗してるって事ですからね。

勝手に歳のせいにしないでくださいね。

ちょっと疲れを感じたら、途中でも休憩する。

これが氣を上手に回復するポイントになります。

体は氣が減ったことを「疲れ」と言う感覚で教えてくれているので、素直に体の声を聞いてくださいね。せっかく休むんだから、上手に休みましょうね。

体に合わせて上手に休んで、氣が満ちた状態を維持すると、本来の自分の能力がちゃんと発揮できて、頭もクリアになって計画や決断もちゃんと出来るし、ストレスを柔軟に受け流すことも出来るので、何をするにしても、どんな目標を達成するにしても効率良く動くことが出来るようになります。

氣が足りないってすごく勿体無い事なんです。

ちゃんと氣が満ちているか?勿体ない事をしていないか?感じてくださいね。

③につづく

#気の使い方

閲覧数:153回0件のコメント

最新記事

すべて表示