本屋に行くとトイレに行きたくなる青木まりこ現象③〜五行ライフ


トドメに理由をもう1個。 ココまで読んできてお気づきだと思いますが、体の中の【火】のエネルギーが増えると消化器が動き出してトイレに行きたくなると言うのが、東洋医学を使った五行ライフ的な理由です。 なので、【火】のエネルギーが少なくてお腹の動きが悪くなっている時に本屋に行くと「青木まりこ現象」が起きやすくなるはずです。 お腹の調子が良くて、体に火力がたっぷりある人にはこの現象は起きにくいんじゃないかなと思います。 理由③ 火力を増やしてくれるようなことが本屋にはまだあります。 本屋さんの本棚ってビシッとキレイに本が並べられていますよね? ちゃんとコーナーごとに分けられて、すごく見やすいですよね?? このビシッとキレイに並べられている状態、コレも【火】のエネルギーが強い状態なんです。 火力が弱くなると、うちの本棚のように東洋医学と解剖学の本がゴチャゴチャに並んでいるルーズな状態になります。 なので、ビシッとキレイに並べられている物を見ると、僕たちは【火】のエネルギーを補給することができます。 コレは本屋さんだけのことではなくて、どのお店でも同じで、キレイに陳列されていると「イイねぇ!」って気持ちがスッキリして火力が上がるんです。 以上3つの理由が五行ライフ的「青木まりこ現象」の理由です。 おまけにつづく #五行ライフ #青木まりこ現象 #本屋に行くとトイレに行きたくなる #なんでも五行で説明 #読書は火のエネルギー #買い物も火力の補給

#東洋医学 #氣を調える季節の暮らし方 #五行ライフ

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示