ココロとカラダに優しい夏の過ごし方

1年の中で太陽の熱が最も強く届いて、植物は大きく成長し、動物は活動的になる季節です。

夏の生活で大事なポイントは、「溜め込まない」と言う事です。
●精神的に内側にストレスなどを溜め込むことの無いようにする。
●肉体的には汗をかいて内側に熱を溜め込まないようにする。
キーワードは「発散」です。

肉体的にも精神的にも内側に溜め込まないように、体を動かしてストレスを発散したり、汗をかいて無駄な熱を発散するようにしましょう。

 

 

夏の食べ物

食事は夏に取れる旬の物を食べましょう。
夏に採れる物には体内の無駄な熱を発散して体を冷やす働きがあります。ただし、取り過ぎると体外に熱を発散し過ぎて体を冷やしてしまう働きがあるので気を付けましょう。

… 旬の食材 …

●ひえ●かぶ●ゴーヤ●ピーマン●セロリ●かぼちゃ●トマト●枝豆 ●とうもろこし●きゅうり●ナス●羊

夏のマクロビオティック

夏の「天の気」は「陽性」で、「地の気」は「陰性」です。
地の気を受けて育つ夏の食べ物は、熱を溜め込まないように「要らない熱を冷ます」と言う陰性のエネルギーを強く持っています。
身体が熱を持ち過ぎきバランスが崩れないように陰性のエネルギーを取って、身体を中庸にもって行きましょう。

五行説で考えると夏の五味は「苦味」です。
夏に採れる物、身体を冷やす作用がある物は苦くなくても「苦味」と考えられます。
●身体の余分な熱を冷ますために「苦味」を取りましょう。
●「苦味」の働きを助けるために合わせて「酸味」を取りましょう。
●バランスを取るために「苦味」と一緒に「辛味」を取りましょう。
●冷えを感じる人は「塩辛い味」を取って身体に熱を集めましょう。
●自分の体調に合わせて旬な物、五味をうまく取り入れて身体の陰陽のバランスを取りましょう。

〒064-0820

札幌市中央区大通西23丁目2-25 ラメール円山1F

【営業時間】火・水曜日定休

 9:00~17:00

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2023 クリ8ミー Wix.comを使って作成されました

ご予約・お問合せ
治療のコース、料金はコチラをご確認ください。
急な症状の時に当日でも予約の取りやすいように【救急枠】と言う治療コースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

kazenone2009@gmail.com

火、水曜日はメールの返事が遅くなります。

​ご了承ください。

011-616-1133

火・水曜は電話に出ることができません。

治療中で電話に出られない時には、「お名前」「連絡先」を留守番電話に入れてください。

​後程折り返しご連絡させて頂きます。

(電話に出られない事が多いため、メールの方がスムーズに連絡が取れます。お手数をおかけしますが、電話が繋がらない場合はメールにてお問い合わせをお願い致します。)

講座の案内やブログを見落とす事が無いように、メールにブログをお届けします。

メールアドレスを入力して頂くだけです。登録して頂いたアドレスはこの為だけに使いますので、ご安心ください。